個人向けスタイリングサービス style"BANZAI"

2006年09月28日

やせ過ぎは禁止!?

マドリードファッションショーで、マドリード市が“やせ過ぎモデル”の出場を禁止し物議を醸しています。一定の規定を定めて、それよりやせてるモデルショーに出場できないという事態が起こりました。過剰なダイエットに走る若い女性への悪影響を防止したいという思いかららしいのですが・・。
確かに、今年8月南米のモデルがショーの最中に倒れて死亡。過剰なダイエットが原因だったようです。
痩せてスタイルがよくなるというのはどの国の女性にとっても永遠のテーマだと思いますが、果たして、“やせ過ぎモデル”が拒食症増加の原因になっているのでしょうか?拒食症の人がみな“やせ過ぎモデル”の体型を目指していたとも思えないし、ショーのモデルを太めにしたところで拒食症がなくなるとも思えません。
一般人には、モデルは別格であるという感覚が(特に欧米人には)あるような気はするんですが、痩せたいという気持ちから過剰なダイエットに走ってしまうんでしょうか。
 
イタリア・ミラノもこれを受けて規定を設けましたが、失業に追い込まれるモデルもたくさん出てくるようです。
一方、反対の意見もたくさんあります。
パリのオートクチュール連盟はこの規制に対し「モデルの体型や好みの色は規制できない」と抗議しました。
また、「ロンドンファッションウィーク07春夏コレクション」では、この“やせ過ぎモデル論争”に反対し、あえて極細のモデルを起用したようです。
 
中には、もともと痩せてるモデルもいるでしょうし、肌の色や顔も違うんですからそれにあったコレクションを纏っていればよいのでないかと思うのですが。
この論争はしばらく続きそうですね。
 
 
posted by スタイルバンザイ at 15:22| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡のスタイリスト スタイルバンザイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。